ときわ会公式ホームページときわ会公式 ときわ会教育公式サイト ときわ会公式サイト ときわ会新潟教育 
ときわ会 新潟教育 本旨
Educo教育データベース  ときわ会教育公式サイト
ときわ会 新潟教育 未来図
新潟県の教育研修団体ときわ会の教育実践・サー クル活動などの情報を発信しています
 
 
ときわ会新潟 新潟北全県未来地図ときわ会新潟 新潟秋葉魚沼小千谷ときわ会新潟 刈羽柏崎三条
 


「教育実践」
論理的思考を伴う読解指導のあり方
上越市立稲田小学校
北澤 慶介
  叙述に即して文章を読むことは,物語文を読んでいく上で大切なことである。しかし,時系列で語られることの多い教材文の読解は,内容の読み取りに終始してしまう傾向がある。このような指導では,児童に他の作品を読むための力を付けていくことは難しい。他の作品で活用できる読みの力を育てるためには,物語文の読み方を教えなければならない。
 例えば,物語の構造を理解することで,児童は物語の展開を予想しながら読むようになり,予想と結末の違いを楽しむ習慣を身に付けていく。このように,考えながら物語を読むことは解釈の深化につながり,児童の読解力を向上させていくと考える。そこで,筑波大学附属小学校白石範孝氏の実践である「逆思考」を取り入れた読解指導を参考に,以下の仮説を立てて実践を行う。
研究仮説
 思考ツールとして,逆思考を活用しながら読解することで,児童の論理的思考力は高まり,読解力が向上する。
逆思考とは
 中心人物の心情変化の原因を読み取っていく活動である。結末部分をスタートとして,冒頭部に向かって「なぜ,そのように変化したのか。」を叙述を根拠としながら考えていく手法である。
実践の概要
① 4年生「3つのお願い」の読解指導において逆思考を取り入れた読解活動を行う。
② 5年生「大造じいさんとガン」の読解指導において,児童が自力で逆思考を成立させるための手立ての有効性を模索する。

<参考文献>
白石範孝の国語授業の教科書 東洋館出版 白石範孝 2012



 
 


TAGS ;  上越    国語    平成26年度    小学校   
キーワード検索

カテゴリー別検索
 

ときわ会新潟 自然の宝庫 八石山
ときわ会新潟 1600人の熱気 教育研究発表会
 
   
当サイトのすべてのコンテンツの無断転載・引用を禁じます。
教育研修団体ときわ会が作成しているサイトは当サイトだけです。