ときわ会公式ホームページときわ会公式 ときわ会教育公式サイト ときわ会公式サイト ときわ会新潟教育 
ときわ会 新潟教育 本旨
Educo教育データベース  ときわ会教育公式サイト
ときわ会 新潟教育 未来図
新潟県の教育研修団体ときわ会の教育実践・サー クル活動などの情報を発信しています
 
 
ときわ会新潟 刈羽柏崎三条ときわ会新潟 胎内新潟南ときわ会新潟 新潟東東蒲
 

音楽

「サークル活動」
ときわ音楽教育を語る会
新潟市立内野小学校
早川 孝

  音楽を研究教科とする教員同士のネットワークを広げ、音楽及び教育全般について語り合い、情報交換ができる場として、会員が相互に支え合いながら運営しているのが「ときわ音楽教育を語る会」です。 これまで、大学から指導者を招聘し、音楽教育の課題についての講義、会員による模擬授業や講習会等を行い、毎回好評を博してきました。
 今年度も会員の演奏研究のサポートのほかに、合唱指導についての研修を重ねています。また、県内の他の音楽サークルとともに「伝統音楽サミット」の計画・運営を行っています。
 音楽についてもっと学びを深めたいという方はもちろん、これから音楽について学びたいという音楽初心者の方も大歓迎です。

TAGS ;  令和元年度    音楽    新潟 佐渡 上越 中越 下越    幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校   



「サークル活動」
佐渡音楽教育を語る会
佐渡市立真野中学校
石川 雄一

 「佐渡音楽教育を語る会」は、支部研修活動である「ルネス・E運動IN佐渡」を母体とし、28年度から自主サークルとして活動が始まりました。
 市の重点施策である「佐渡学」の推進に、音楽科の立場から取り組んでおり、伝統芸能を教材とした授業づくりを進めています。今後も、授業実践を増やし広めていきたいと考えています。 
 さらに、昨年度からは「音楽づくり」の研修を重点的に行っています。島外の講師を招いたワークショップの開催や、島内の先生方に向けた体験授業の実施などを行うことで、会員自身の研修を重ねています。
 今年度も他の音楽サークル団体と研修交流をして、見識を広めていく活動を継続していきたいと思います。

TAGS ;  令和元年度    音楽    佐渡    小学校 中学校   



「サークル活動」
音楽を深める会
長岡市立大積小学校
黒﨑 千賀子

  私たち「音楽を深める会」は、「多様な研修を通して授業力を高める」ことを目標に次のような活動をしています。
①オータムコンサートへの参画・運営・出演
 計画・運営面でのコンサートづくりと表現者として演奏・出演することの両面からオータムコンサートに関わっています。
 コンサートに向けたセミナーで学んだ技能や指導方法を、学校での指導や実践につなげるようにしています。 
②講師を招いた研修の実施
 単元づくり、授業のアイデア、教材の紹介、実践紹介など、日々の授業改善に向けた研修を行っています。
 2014年からは、中央から合唱指揮者の先生を招き、発声や曲想表現などの研修を実施しています。今年度は、より充実した本部発表ができるように、本部発表者の支援を行っています。
 「音楽を深める会」の会員を中心に、オータムコンサートをはじめとする各種研修を通してネットワークを築き、仲間の輪を広げています。

TAGS ;  令和元年度    音楽    中越    幼稚園 小学校 中学校 特別支援学校   



「教科等研究セミナー」
友達とのかかわりを通して自分の考えを深め、歌唱における音楽表現を工夫する子どもを目指して
新潟市立黒埼南小学校
三浦 美也子

  「歌唱における音楽表現を工夫する」とは、曲の特徴にふさわしい音楽表現を試しながら考え、どのように表現するかについて思いや意図をもつことです。私は「子どもたちは、友達と関わりながら、試行錯誤することを通して、自分の考えを強化したり新しい視点を手に入れたりすることができる」と考え、3つの手だてを講じ、実践を行いました。
1 学習の見通しをもつためのモデル提示
 不完全なモデルを提示すると「もっとこうするといいよ。」とアドバイスすることを通して、自分が何を考えればよいかが明確になりました。また、2つのモデルを提示して比較しながら意見を交換すると、多様な考えが認められ、自分で考えをもつときの参考になりました。ねらいに合ったモデルを適切に示すことで活動への見通しをもたせることができました。
2 付箋を用いたワークシートの工夫
 まず、自分で考えを付箋に書き込ませ、その根拠をワークシートに書かせました。その後、付箋をグループワークシートに貼り合わせながら、話し合う手法をとりました。色違いの付箋を使うことで、誰がどんな考えをもっているかが一目瞭然となり、友達と同じ考えをもっていることや同じ場所に注目しても考えが異なることなどが可視化できました。
3 友達の考えを取り入れて試行錯誤する場の設定
 個からグループへの話合いへと移るときに、考えを書いた付箋のみを貼り合わせ、根拠は自分の言葉で話すようにしました。全部書いて示すよりも、お互いの話を聞き合う必要性が生まれ、「では、その考えを試してみよう」という流れが自然にできました。
 これら3つの手だては、低学年でも高学年でも有効であり、試行錯誤しながら音楽表現を工夫することができました。しかし、このような話合いをするには、学級に共通の「音楽のことば」が必要になります。日々の授業の中で、たくさんの言葉と感性を共有化していくことが肝要です。今後とも実践を積み重ねていきたいと思います。

TAGS ;  平成31年度    音楽    新潟    小学校   



「教科等研究セミナー」
生徒に郷土の音楽との結び付きを実感させる授業づくり
~ゲストティーチャーの活用を通して~
佐渡市立真野中学校
石川 雄一

  新しい学習指導要領の音楽科の目標として「生活や社会の中の音や音楽、音楽文化と豊かに関わる資質・能力」の育成が求められています。これらを育成する上で、地域をよく知り、郷土の音楽の音楽を継承するゲストティーチャーを招き、共に授業をつくることによって、より深く生徒が郷土の音楽のよさに気付き、その特徴を肌で感じることができるのではないかと考え、本研究を行いました。本研究は、佐渡市真野地区に伝わる民謡「豊田音頭」(対象学年中学1年)および佐渡で盛んに演じられている能楽から「羽衣キリ」の謡(対象学年中学2年)を教材としました。内容は次のとおりです。
1 ゲストティーチャーと授業者の発声を比較聴取する。
 本研究の中で教材にした曲の一節を授業者とゲストティーチャーの比較聴取で聴き取らせました。
2 ゲストティーチャーの口頭伝承で特徴を捉える。
 生徒は前述1の活動によりゲストティーチャーの唄の特徴を感じ取らせます。その上でグループで検討し、口頭伝承による直接指導によって「どのようにしたらゲストティーチャーのような発声ができるのか」を試し、思考しながら練習させました。
3 発表会をゴールに設定する。
 グループで練習を行い、相互に聴き合う場面を取り入れ、工夫を重ねながら練習させました。発表会をゴールに設定し、ゲストティーチャーを招き行いました。授業後には、地域の祭りに招かれたり、郷土の音楽の祭典に出演依頼があったりしました。
 本研究を行う上では、ゲストティーチャー、生徒、教師の三者の関係性を円滑にコーディネートする教師の役割の重要性と、内容に入る前の導入において、いかに生徒に興味をもたせるような働き掛けを行うかも重要であることが分かりました。今回の研究によって得られた成果に更に研きをかけて、今後も研究を重ねていきます。

TAGS ;  平成31年度    音楽    佐渡    中学校   



「教科等研究セミナー」
グループ活動で歌唱の表現を高める
~学習過程の工夫と、場面の限定を通して~
胎内市立きのと小学校
大川原 伸

  新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」が求められています。しかし、これまでの私の音楽指導を振り返ると、子どもの主体的な学びに弱さがありました。子どもたちに、「こうしたい」という思いが生まれず、教師の思いや解釈を一方的に説明することが多く、楽譜をなぞる授業をしていました。一斉指導では教材曲をすぐに歌うことができる子どもと、時間がかかる子どもに歌唱の技能の差が出てしまい、意欲が低下することもありました。
 音楽科において、子どもの学びに向かう力を高めながら、歌唱の表現を高めることができるようにしたいと考えました。子どもが生き生きと自分の能力を生かしながら練習に取り組んだり、すぐに問題解決できなくても仲間の励ましを通して根気強く練習したりと、どの子も満足しつつ、表現の楽しさや高まりを感じることができるような授業を実現したいと考えました。
 そのためには、普段実践している授業の過程や問題のもたせ方を見直し、子ども同士が話し合い、活躍する場面を増やしていく必要があると考え、本主題を設定しました。
1 学習過程の工夫(「いいところさがし」や「教師の価値付け」を行う。)
 1時間の授業の学習過程を「めあて設定」「見通しをもつ」「グループ練習、追求」「発表」「振り返り」と組み立てます。その中で、次のようことを行います。
 (1)「グループ練習、追求」の過程において、教師が、望ましいかかわりや、ねらいに迫る追求をしているグループを見付けて賞賛し、全体に伝える。(教師の価値付け1)
 (2)「発表」の過程で、教師が、発表の前に「どんな工夫をしたか」と聞き、工夫を言わせてから発表させる。(教師の価値付け2)
 (3)発表のあと、聴き手によいと感じたことや、工夫していると思ったことを発表させる。(いいところさがし)
 「いいところさがし」や「教師の価値付け」を常時行うで、以下の点が期待できると考えます。
 ①子どもが、音楽授業の見通しをもって活動できる。
  特に、話合いが進んでいる班は自信をもち、停滞している班には良きモデルとなる。
 ②「いいところさがし」をすることで、発表での聴く意欲が高まる。
 ③聴いてもらえる前提があることで、よりよいものをつくろうと追求の質が高まる。

 ただ、①②③のことが子どもの姿として現れるには、1回限りの授業では身に付きません。年度始めから経験させていく必要があります。

TAGS ;  平成31年度    音楽    下越    小学校   



「教科等研究セミナー」
鑑賞と創作の一体化を目指した授業づくり
燕市立燕中学校
早川 克善

  平成20年に施行された学習指導要領の中学校音楽科では、表現及び鑑賞に関する能力を育成する上で必要となる共通事項が新設され、これにより、「表現」と「鑑賞」の一体化を図った指導が求められるようになりました。平成29年3月に公示された新学習指導要領でも、同様の趣旨で共通事項は位置付けられており、音楽の構造についても、表現活動と関連付けながら学習することが求められています。
 そこで、表現活動の中の創作によって、旋律など音楽を形作っている要素についての構成上の特徴を理解し、それらと関連付けながら鑑賞活動することで、音楽に対する理解を一層深めることができると考え、二つの授業実践を行いました。
1 「小フーガト短調」での創作活動
 小フーガを1時間目で鑑賞した後に、創作教材である「動機を生かした旋律をつくろう」を、楽譜作成ソフト「MuseScorePortable」を活用して行いました。バッハが多くの楽曲で用いている主題の模倣、反復、逆行、反行、縮小、拡大を、創作活動を通して理解を図りました。創作活動後、再度小フーガを鑑賞し、曲の聴き方がどのように進歩(進化)したのかを考える時間を設定しました。振り返りシートでは、多くの生徒が「主題を意識することができた」「音の高さの変化に着目しながら聴けるようになった」などと記入し、創作活動前後での変容が見られました。
2 「シェエラザード」での創作活動
 1時間目は、リストとリヒャルトシュトラウスの交響詩を比較鑑賞し、交響詩における標題と音楽の諸要素の関係を理解することを授業のねらいとしました。それに続く創作活動では、与えられた標題(表題)をもとに、8小節(2拍子で1小節に1つのコードを置く)の旋律を、楽曲作成ソフト「Domino」を使用して作成しました。生徒アンケート結果によると、その後の鑑賞では、以前より興味をもった状態でシェエラザードを聴くことができましたが、創作活動での経験を鑑賞に生かすことができた生徒は、50%程度であったため、課題提示の工夫を今後研究していきます。

TAGS ;  平成31年度    音楽    中越    中学校   



「教育実践」
よりよい音楽表現を求めて共に高め合う子ども
新潟市立新津第二小学校
佐々木 和香子

  よりよい音楽表現を求めて共に高め合う子どもを育てるには、音楽の授業の指導だけでは不十分である。音や音楽、仲間を受け入れ、それらと自然に関わることで、初めて思いや意図をもち、よりよい音楽表現を求めていくことができる。そこで、基盤となるのは学級経営である。学級経営の中核に音楽活動を位置付け、子どもの心を耕しながら、音楽授業と関連させていくことが必要である。
 日常の音楽活動として、学級開きや、席替えの後や、朝の会等を使って、友達と関わりながら音楽活動に取り組んできた。友達の表現のよいところを真似したり、誰とでも関わりながら楽しく学習したりする姿が見られた。
 また、表現を工夫する音楽授業に取り組んだ。日常の音楽活動を生かして、音楽や音、友達を受け入れながら、よりよい表現を求める姿が見られた。さらに、友達と自分との違いを認め、違いを受け入れながら新たな価値を生み出す姿も見られた。
 今後は、日常の音楽活動と音楽授業の関連性を他の領域でも生かし、実践を積み重ねていく。

TAGS ;  平成30年度    教育実践    小学校    音楽    下越



「教育実践」
郷土の音楽に憧れをもち、思いをもって子ども盆踊りをつくり、伝える児童の育成
~松浜盆踊りの音楽的な特徴や仕組みを生かした音楽づくりの指導~
新潟市立松浜小学校
米山 陽子

  音楽科の学習の中で、子どもたちになじみが薄い傾向にあるのが「郷土の音楽」分野である。そこで、子どもたちになじみのある松浜盆踊りを題材とすることにより、郷土の音楽に憧れをもち、思いをもって子ども盆踊りをつくり、伝えるようになるのではないかと考え、その効果を検証するために三つの手だてを講じ実践を行った。
1 郷土の音楽に憧れをもつための働き掛け
 題材の最初に、盆踊り保存会の方を招いて、踊りと太鼓を体験する活動を行った。盆踊り保存会の演奏を生で聴き、太鼓打ちを体験したことで、郷土の音楽をもっと知りたい、やってみたいという憧れが生まれた。さらに「松浜のよさを子ども盆踊りにして保存会の方に伝えよう」という題材を貫く学習課題ができた。
2 思いをもって子ども盆踊りをつくるための働き掛け
 子ども盆踊りをつくるために、既存の盆踊りを教材化した。松浜のよさを出し合い、子どもたちの手で歌詞をつくったことで、郷土のよさを再発見し、子ども盆踊りで保存会の方に伝えたいという気持ちが高まった。また子ども盆踊りを一つにするために、何度もCDを聴き直し、曲全体のイメージを共有した。太鼓の拍に合わせる活動を通して「歌は拍に合わせて伸ばす音を気に付けて歌おう」「笛は祭りの雰囲気を出してお客さんが寄ってくるように吹こう」と工夫をすることができた。「集う人を楽しくさせるための盆踊りをつくりたい」という願いをもち、クラス全体で音楽づくりをすることを通し、パートの学びを深める姿が見られた。            
3 伝える場の設定
 中間発表会で、学年の子どもたちに子ども盆踊りを楽しんでもらい、満足感を得ることができた。アンケート記述より改善点にも気付くことができた。さらに盆踊り保存会の方に子ども盆踊りを聴いてもらう活動を通して、自分たちの盆踊りを喜んでもらえたことで、達成感を感じることができた。
4 成果と課題
郷土に伝わる盆踊りを題材とし、生の演奏に触れ、人から学ぶ活動を行ったことで、その歌が生まれた背景や伝承する人の思いを感じ取ることができた。また松浜盆踊りを正確に再現するのではなく、盆踊りを形作っている要素を選択し、子ども盆踊りとして再構成することで、歌詞をつくる面白さや笛の旋律が醸し出すよさに気付くことができた。さらにクラス全体で協同して音楽づくりをする楽しさを味わうことができた。今後も郷土の音楽を題材にして、自分の学んだことがどう社会の中の音や音楽とつながっているのかに気付かせながら実践を積み重ねていきたい。

TAGS ;  平成30年度    教育実践    小学校    音楽    新潟



「サークル活動」
ときわ音楽教育を語る会
新潟市立内野小学校
早川 孝

  音楽を研究教科とする教員同士のネットワークを広げ、音楽及び教育全般について語り合い、情報交換ができる場として、会員が相互に支え合いながら運営しているのが「ときわ音楽教育を語る会」です。 これまで、大学から指導者を招聘し、音楽教育の課題についての講義、会員による模擬授業や講習会等を行い、毎回好評を博してきました。
 今年度も会員の演奏研究のサポートのほかに、合唱指導についての研修を重ねています。また、県内の他の音楽サークルとともに「伝統音楽サミット」の計画・運営を行っています。
 音楽についてもっと学びを深めたいという方はもちろん、これから音楽について学びたいという音楽初心者の方も大歓迎です。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    音楽    新潟 佐渡 上越 中越 下越    幼稚園 小学校 中学校 特別支援学校



「サークル活動」
佐渡音楽教育を語る会
佐渡市立真野中学校
石川 雄一

  「佐渡音楽教育を語る会」は、支部研修活動である「ルネス・E運動IN佐渡」を母体とし、28年度から自主サークルとして活動が始まりました。
 これまで、市の重点施策である「佐渡学」の推進に、音楽科の立場から取り組んできました。昨年度は、佐渡で開かれた下越音研の運営にも関わり、小・中9年間を通した伝統音楽の学びを、年間指導計画モデルとしてまとめました。
 また、講師をお招きして研修を行うことで、講師の専門性や人間性から多くを学び、佐渡の伝統芸能の素晴らしさを子どもたちに伝えたいという気持ちがより高まりました。
 佐渡には、「鬼太鼓」「佐渡おけさ」など、多くの伝統芸能があります。新学習指導要領を踏まえ、これらを素材に教材開発をして、授業実践を増やし広めていきたいと考えています。 
他の音楽サークル団体と研修交流をして見識を広めていく活動も行っていきたいと思っています。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    音楽    佐渡    小学校 中学校



「サークル活動」
音楽を深める会
長岡市立大積小学校
黒﨑 千賀子

  私たち「音楽を深める会」は、「多様な研修を通して授業力を高める」ことを目標に次のような活動をしています。
①オータムコンサートへの参画・運営・出演
 計画・運営面でのコンサートづくりと表現者として演奏・出演することの両面からオータムコンサートに関わっています。
 コンサートに向けたセミナーで学んだ技能や指導方法を、学校での指導や実践につなげるようにしています。 
②講師を招いた研修の実施
 単元づくり、授業のアイデア、教材の紹介、実践紹介など、日々の授業改善に向けた研修を行っています。

 2014年からは、中央から合唱指揮者の先生を招き、発声や曲想表現などの研修を実施しています。また、今年度は伝統音楽に関する研修「伝統音楽教育サミット」を9月8日(土)に他音楽サークルと合同で寺泊にて行います。
 「音楽を深める会」の会員を中心に、オータムコンサートをはじめとする各種研修を通してネットワークを築き、仲間の輪を広げています。 
 

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    音楽    中越    幼稚園 小学校 中学校 特別支援学校



「教育実践」
思いをもって表現しよう
~仲間との対話を通して深め合う表現活動~
十日町市立十日町中学校
丸山 友梨

  こんなふうに音楽を表現したいという「思い」があってこそ、情感あふれる音楽を奏でられるのではないかと考えている。そこで、生徒が「どうしたら、よりよい合唱に近づけるのか」という「共通の思い」をもった上で、よりよい合唱を練り上げていく手だてを講じていく。
 現行の学習指導要領には「音楽的な見方・考え方を働かせた学習活動によって、生活や社会の中の音や音楽、音楽文化と豊かに関わる資質・能力を育成すること」が音楽科の教科の目標であると示している。その上で、新学習指導要領では、育成を目指す資質・能力として(1)「知識及び技能」の習得に関すること、(2)「思考力・判断力・表現力等」の育成に関すること、(3)「学びに向かう力・人間性等」の涵養に関することが示された。その中でも「思いをもつ」という観点から(3)の「学びに向かう力・人間性等」に着目して展開していく。

1 楽曲の背景と自分の思いとを重ね合わせる
 音楽固有の雰囲気や表情、味わいなどを感じ取りながら、自己のイメージや感情の動きと音楽の構造や背景などとの関わりを捉えさせたいと考えている。新学習指導要領で「背景など」としているのは、歌唱分野における「歌詞の内容」も含んでいる。そこで、歌詞への共感を糸口に、自分の経験や心の揺らぎ等を重ね合わせながら、歌詞をより身近に捉えられるような活動を取り入れる。そのことで、誰かが書いた歌詞の旋律をなぞるだけの歌唱から、自分の思いと重なり合った歌詞の旋律に情感を込めた歌唱へと変わるのではないかと考えている。

2 客観的な変容の見取り
 歌いながら客観的に自分たちの合唱を評価することは難しいのではないかと考える。そこで、録音・録画から客観的に自分たちの合唱を聴くことで、自分たちの合唱の変容に気付けるのではないか。また、変容があったことで、「思いをもって歌うこと」の味わい深さを実感でき、学びに向かう力をより育てることができるのではないかと期待している。

 これら二つの手だてから、(3)「学びに向かう力・人間性等」へと迫っていく。

TAGS ;  平成29年度    中越    中学校    音楽   



「サークル活動」
ときわ音楽教育を語る会
新潟市立内野小学校
早川 孝

 音楽を研究教科とする教員同士のネットワークを広げ、音楽及び教育全般について語り合い、情報交換ができる場として、会員が相互に支え合いながら運営しているのが「ときわ音楽教育を語る会」です。
 これまで、大学の先生による音楽教育の課題についての講義、会員による模擬授業や講習会等を行い、毎回好評を博してきました。
 今年度も昨年度に引き続き、会員の演奏研究のサポートを中心に活動を行っております。特に合唱指導について、発声や効果的な演奏のポイントを、実際に合唱曲を歌って合わせることによって体得したり意見交換したりして、研修を積み重ねています。
 音楽については初心者、という方も大歓迎です。

TAGS ;  平成29年度    音楽    小学校・中学校    新潟・佐渡    上越・中越・下越



「サークル活動」
佐渡音楽教育を語る会
佐渡市立前浜小学校
松本 えりか

 「佐渡音楽教育を語る会」は、支部研修活動である「ルネス・E運動IN佐渡」を母体とし、28年度から自主サークルとして活動が始まりました。
 これまで、市の重点施策である「佐渡学」の推進に、音楽科の立場から取り組んできました。昨年度は、佐渡の伝統文化である能楽について鑑賞したり実際に演じたりする実技研修を重ね、教材化し授業実践に至るまでの活動をしました。
 また、講師をお招きして研修を行うことで、講師の専門性や人間性から多くを学び、佐渡の伝統芸能の素晴らしさを子どもたちに伝えたいという気持ちがより高まりました。
 佐渡には、この他にも「鬼太鼓」「佐渡おけさ」など、多くの伝統芸能があります。これらを素材に教材開発をし、授業実践を増やし広めていきたいと考えています。
 今年度は、佐渡で開かれる下越音研の運営にもかかわり、小・中9年間を通した伝統音楽の学びを、年間指導計画モデルとしてまとめています。
 他の音楽サークル団体と研修交流をして見識を広めていく活動も行っていきたいと思っています。

TAGS ;  平成29年度    音楽    小学校・中学校    佐渡   



「サークル活動」
音楽を深める会
長岡市立大積小学校
黒崎 千賀子

 私たち音楽を深める会は、「多様な研修を通して授業力を高める」ことを目標に次のような活動をしています。
1 オータムコンサートへの参画・運営・出演
 計画・運営面でのコンサートづくりと表現者として演奏・出演することの両面からオータムコンサートに関わっています。コンサートに向けたセミナーで学んだ技能や指導方法を学校での指導や実践につなげるようにしています。
2 講師を招いた研修の実施
 単元づくり、授業のアイディア、教材の紹介、実践紹介など、日々の授業改善に向けた研修を行っています。2014年からは、中央から合唱指揮者の先生を招き、発声や曲想表現などの研修を実施しています。
 音楽を深める会の会員を中心に、オータムコンサートを通してネットワークを広め仲間の輪を広げています。

TAGS ;  平成29年度    音楽    中越    中学校    特別支援学校



「教科等研究セミナー」
思いや意図をもって主体的に音楽づくりに取り組む児童の育成
~第3学年「燕の自慢ばやしをつくろう」の実践を通して~
燕市立燕南小学校
平出 久美子

  我が国や郷土の伝統音楽に親しみ、よさを一層味わえるようにしていくことが音楽科では求められている。各教科の授業において、地域の人材・工業・商業等を教材として活用しているが、地域の伝統文化についての教材化は自校において未開発であった。そこで、地域の祭りで演奏された魅力的な和太鼓の音楽「金山神太鼓」を教材化し、児童が思いや意図をもって主体的に音楽づくりに取り組む姿をねらい実践した。                                                                             1 鑑賞と表現を関連付ける題材構成の工夫
 ①魅力的な楽曲との出合い②楽曲の魅力を探る③楽曲の魅力を生かし思いや意図をもって音楽をつくる④もう一度鑑賞曲を聴き、楽曲のよさを味わったり、自分たちの音楽づくりに生かしたりする題材構成。
2 聴き取ったことと、感じ取ったことを伝え合う活動の工夫
 地域の魅力的な楽曲を鑑賞し、 聴き取ったことと感じ取ったことを「楽曲の魅力」にまとめ、音楽づくりに生かす。つくった音楽を聴き合う場を設定し、「楽曲の魅力」がどのように生かされているか伝え合う。
3 総合的な学習の時間の学びを音楽づくりに繋ぐ
 総合的な学習の時間に発見した、地域の自慢の一つである「飛燕太鼓保存会」の和太鼓の音楽を聴き、よさを味わい、音楽をつくり上げる。総合的な学習の時間で生まれた思いと、音楽の授業で生まれた思いや意図を往還させる。
 音楽的な見方・考え方を働かせ、表現及び鑑賞の活動を通して、生活や社会の中の音や音楽と豊かに関わる資質・能力を育成できるよう、実践を積んでいく。                          

TAGS ;  平成28年度    中越    小学校    音楽   



「教科等研究セミナー」
音楽の要素と結び付けながら鑑賞に取り組む子どもの育成
見附市立見附小学校
酒井 規子

  本研究では、「体を動かしながら聴く」鑑賞活動を通して、児童の意欲を高め、曲の要素をより深く感じ取る姿を具現したいと考えた。2学年の「2びょうしと3びょうしのちがいをかんじとりながらきこう」の単元で、「拍」の違いを具体的に感じられるような活動を組んだ。
 本単元では、2拍子の教材として「トルコ行進曲」(ベートーベン作曲)を選んだ。➀手拍子をしながら ②全員で行進しながら ③指揮をしながら ④ステップを踏みながらの4つのやり方で聴かせた。「拍」の特徴を中心に、「強弱」「速度」「旋律の変化」など、音楽の要素をより深く体感させた。
 その後、3拍子の曲「メヌエット」(ペツォルト 作曲)を、➀~➃のやり方で聴かせたところ、児童の中から「できない」という声が次々に上がった。そこで、できない理由と、3拍子に合う動きを考えさせた。曲を聴き様々な動きを試行錯誤したり話し合ったりした結果、児童は次の2つのことに気付くことができた。
○手拍子やステップの数は「1、2」でなく「1、2、3」なので、1つずつ増やせばいい。
○行進では「1、2」の拍なら右足、左足と交互に出すとリズムが合うが、「1、2、3」の拍だと「右、左、右」になり、リズムがとりにくい。」この解決法として「右、左、止まる、左、右、止まるを繰り返す」動きを、自分たちで考えて歩くことができた。
 指揮は、2拍子の指揮でも、3回くり返すと6拍目に3拍子と合うことに気付いた児童がいた。「指揮が合わないので2拍子と3拍子は違う」ことを、感じ取らせることが難しくなったため、私から3拍子の指揮を教えた。指揮の際に描く曲線の形や数の違いから、児童は2拍子と3拍子の違いを確認することができた。
 以上の実践から、体を使って音楽の要素を味わいながら聴くことで、2拍子と3拍子の違いだけでなく、「3拍子は2拍子よりも1つ拍が多い」ということを、実感を伴って理解させることができた。今後は拍子や要素から、楽曲の曲想を感じ取らせ、感じたことをどう表出させるかが課題である。

TAGS ;  平成28年度    中越    小学校    音楽   



「教育実践」
音色や語感を大切にした「音楽づくり」を通して音に敏感な子どもを育てる
~1年生の音楽づくりの実践を通して~
新潟市立巻南小学校
渡辺 ゆみ子

  小学校1年生の音楽では、即興的につくった音をまとまりのある音楽に構成する「音楽づくり」の指導が難しいと感じている。私は、1年生の子どもたちにとって親しみやすい声や身の回りの音を使って音楽づくりを行った。
 1年生がまとまりのある音楽を構成するために、4つの手だてを講じてた。
【手だて1】常時活動で音に対する関心を高めて、音遊びを楽しませる。
【手だて2】オノマトペを用いる。
【手だて3】鑑賞曲から速度やリズム、音色など、音楽を形づくっている要素や反復、問いと答えなどの音楽の仕組みに気付かせる。それらを生かしながら、音のモチーフをまとまりのある音楽へと構成させる。
【手だて4】段階を踏んでワークシートを用いて、音楽を可視化する。
 それらの手だてを講じて行ったのが、以下の実践である。
【実践1】「いろいろな声にしたしもう」~動物がお話をしているかんじの音楽をつくろう~動物の鳴き声や動く様子を擬音語に表して、動物がお話をしているような音楽をつくる学習。ワークシートを用いて可視化した。(平成26年度)
【実践2】「おいしい音の音楽」自分の好きな食べ物を食べているときの様子や音を擬音語で表す。それを音楽へと構成する学習。鑑賞曲から音楽の要素を聴き取らせた。(平成28年度)

TAGS ;  音楽    新潟    小学校    平成28年度    研究会



「教育実践」
即興的な表現活動を位置付けた旋律づくり
新潟市立亀田東小学校
山田 やしほ

  「児童が様々な音と新鮮な気持ちをもってかかわり、音の面白さに気付いたり、その響きや組合わせを楽しんだりしながら、様々な発想をもって音遊びをしたり即興的に表現したりする能力及び音を音楽へと構成していく能力を高める」ことが大切である。小学校学習指導要領解説音楽編においては、音楽づくりの活動の指導について以上のように明記されている。つまり、音を音楽へと構成することと同時に音と触れ合い様々な発想をもたせることが重要であるということである。
 しかし、これまでの私の音楽づくりの授業では、思いや意図をもたせて音を音楽へと構成することに重点を置いた授業が多かった。その反面、音とたっぷり触れ合う活動が不十分であり、発想を十分に広げる前に音楽づくりに入ることが多かった。そこで、発想を十分に広げるために、音楽づくりの活動に即興的な表現活動を位置付ける。今回は音楽づくりの中の旋律づくりに絞った実践とする。
 即興的な表現活動のどのような位置付け方が、旋律づくりにおいて発想を広げるために有効なのかを視点として、次の仮説と手だてで解決に迫った。
 <仮説>
 即興的な表現活動を位置付けることで、児童は様々な発想をもち、旋律をつくることができるだろう。 
1 音を順番に増やした旋律づくり(中学年前期)
2 価値付けや旋律のモデル提示(中学年前期・中学年後期)
3 拍の流れに乗った表現活動(中学年後期)
 即興的な表現活動を以上の3点の手だてを組み込んで行うことで、旋律づくりにおける発想を広げるための有効性を検証していきたい。

TAGS ;  音楽    新潟    小学校    平成28年度    研究会



「教育実践」
表現を主体的・創造的に高めていく児童を育てる授業の工夫
長岡市立阪之上小学校
長谷川 美恵

  音楽の特徴を感じ取りながら、思いや意図をもって表現する学習を展開する上で、児童が主体的・創造的に学習に取り組むための指導が求められている。
 昨年度までの実践では、練習メニュー表を提示し、児童がそれぞれのグループの課題解決に合った練習方法を選択して試す中で、自他の歌声を聴き合いながら、表現を高めていく姿を目指した。自分たちで選択した方法で練習する場面では主体的な姿が見られたが、その一方で、自他の歌声を聴き取る場面では追求において弱さが見られた。
 そこで、児童が、自分の歌声を客観的に捉え、願う表現に高めようと主体的・創造的に取り組むために、楽曲を特徴付けている要素に着目した音と言葉を使って表現を可視化、共有化できるようにする。特に、研究対象の1年生では、次の2点を手だてとして、その有効性を検証していく。
1 互いの歌い方をまねる活動の組織
 自分と仲間との歌声がぴったり合っているかいないかを聴き取るために、同じ旋律を交互唱したり、向かい合って歌ったりして互いの歌い方をまねる活動を行う。
2 表現を高めるための効果的な練習方法を選択する場の設定
 自分と仲間との歌声が合っていない要因を、発音と音程、リズムから聴き取り、練習方法を選択して練習する。練習後に、練習の成果について話し合う。
 児童がこのように歌いたいと思いをもち、自分の表現が高まったという実感が得られる歌唱活動を工夫し、実践を積み重ねていく。

TAGS ;  音楽    中越    小学校    平成28年度    研究会



「教育実践」
音楽づくりの系統的な指導法の一提案
~機能和声による旋律づくりの実践を通して~
新潟市立曽根小学校
佐藤 史人

 小学校学習指導要領解説音楽編では、領域「A表現」に「音楽づくり」が独立した活動として位置づけられ、重要性が明確化された。音楽づくりの学習の中で、旋律づくりにおいては、児童が初めから数小節の旋律をつくることは難しい。教師にとっても機能和声(和音進行や和音の働きを指す概念)による旋律づくりの指導を苦手とする一面がある。児童の実態を考慮した系統的な指導と、有効な学習活動を明らかにすることが課題である。
 次の3段階からなる指導計画を組み立て実践し、解決に迫った。
1 モデルとなる教材曲を工夫した旋律づくり(中学年)
 モデルとなる4小節の旋律(a)を反復し、4小節目を続く感じにつくり変えることで、8小節の旋律(a4-a'4)をつくる。
2 和音の構成音を生かした旋律づくり(高学年前期)
 教材曲の和音の響きの変化を感じ取ることを通して、和音の構成音を生かした2部形式の3段目の旋律(b4)をつくる。a4-a'4-b4-a'4の2部形式16小節の旋律を仕上げる。
3 グループでコール&レスポンスのある音楽をつくる(高学年後期)
 コール(問い)の旋律を一人でつくり、レスポンス(答え)の合奏をグループでつくる。自分の問いとグループの合奏をつなぎ、イメージを確かめながら問いと答えのある8小節の音楽をつくる。
 児童の実態を考慮し、系統的な3段階からなる指導計画を組み立て、実践した。児童は無理なく音楽づくりに取り組み、音楽の仕組みを生かしながら、思いや意図をもってまとまりと変化のあるa-a'-b-a'の2部形式16小節の旋律をつくったり、8小節の問いと答えのある合奏曲を協力してつくったりすることができた。この取組により、自らの感性や創造性を発揮しながら自分にとって価値のある音や音楽をつくる姿に迫ることができた。
 機能和声による旋律づくりにおいては、和音や和音進行が旋律づくりを導く手立てに大きく関わっている。今後は、和音に関する知識を含めたより具体的な手立ての在り方について研究を深め、明らかにしていきたい。

TAGS ;  新潟       音楽    小学校    平成27年度    研究会




「教育実践」 音楽の苦手な生徒でも夢中になれる創作授業の研究
新潟市立西川中学校
宮下 秀樹

 過去10年以上に渡り、様々な学校で創作の授業の研究を行ってきた。ある時はコンピュータを使ったり、ある時は鍵盤ハーモニカを使ったりした。リコーダーや歌、キーボード、箏を使ったこともあった。ただ、どのような手法をとったにせよ、実践後にいつもこのような疑問をもって授業を終えていた。
 「はたして、生徒はこの授業を面白いと感じてくれただろうか」
 その答えは、生徒の表情を見れば一目瞭然であった。音楽が得意な生徒の表情は、授業後に明るい表情を見せたこともあったが、音楽の苦手な生徒の表情はいつもさえなかった。「創作は難しい」という思いが、生徒にとっても私にとっても共通していた。
 これでは駄目だと思った。たとえ一部の生徒がすごい旋律を作るような授業ができたとしても、音楽の苦手な生徒が創作に対して苦手意識をもつような授業では、授業を行う意味がないと思った。
 そこで、研究主題を「音楽の苦手な生徒でも夢中になれる創作授業の研究」と題した。研究では、次の仮説を立てた。
○ 以下の4つの要件を満たした授業を行えば、生徒は楽しさを感じながら音楽をつくることができるだろう。
① 生徒自身が音楽づくりをすることに対する必要性を感じられる題材設定であること
② 生徒の音楽的技能に見合った学習課題が設定されてあること(生徒の実態に応じた学習課題であること)
③ 創作のプロセスが明確に提示されてあること
④ つくった音楽が仲間から承認される(かもしれない)場が設定されてあること
 そこで、学校行事の「運動会」に着目して、題材設定を行い、次のようなねらいで実施した。
(1)題材名
  「運動会の応援歌をつくろう」(3年生)
(2)題材のねらい
 リズム、形式、強弱、速さなどの諸要素に着目して運動会の応援歌(作品)をつくる活動を通して、反復、変化、対称などの構成を工夫したり、表したいイメージと実際の作品とを互いに連動させながら表現を深めたりすることができる。

TAGS ;  新潟    音楽    平成26年度    中学校   



「教育実践」
音楽科における思考力の高まりをめざして
~「聴き比べ」「歌い試し」を取り入れた歌唱表現を中心として~
新発田市立御免町小学校
中島 美千子

 音楽科の授業では、「音や音楽を知覚し、そのよさや特質を感じ取り、思考・判断する力」の育成が重視されている。「よさや特質を感じ取り、思考・判断すること」とは、「音楽を形づくっている要素や仕組みの働きが生み出すよさや美しさを感じ取り、曲想にふさわしい表現を工夫していくこと」と考える。これが、音楽科において大切な「思考力」である。
 私は、音楽科の授業において、子どもが思考・判断する力を高めることができるのは、曲想にふさわしい表現を目指して、仲間と共に試行錯誤するときであると考える。そこで、試行錯誤をするための具体的な活動として、「聴き比べ」「歌い試し」を授業の中に位置付けた。ここでは次のような活動を設定した。
①曲想にふさわしい表現を考え、自ら歌って試す。
②仲間と聴き合ってアドバイスし合う。
③全体に提案する。
④提案を受けて、全員で歌い、より効果的な表現を全員で追究していく。
 このような活動を通して、自ら考え、判断する力が育つのではないかと考え、歌唱指導を中心とした授業実践を行い、その有効性を検証した。

TAGS ;  下越    音楽    平成26年度    小学校   




思いや意図をもって主体的に表現する子どもを目指して
新潟市立浜浦小学校
大滝 和子

  学習指導要領では「思いや意図をもって表現する力」の育成が求められている。「思いや意図をもって表現する力」とは、「こんなふうに表現したい」という自分の願いをもち、それを実現するためにはどのように表現したらよいのかを音楽の要素を手掛かりにして考え、自分にとって価値のある表現をつくりあげていく力であると考える。これは、音楽科における思考・判断の力である。
 私は、子ども自身が根拠を明らかにして、「こう表現してみよう」「次はこうしてみよう」とどのように表現したらよいかを主体的に考えて表現していく姿を目指し、歌唱表現の領域で次のような手立てを講じて、実践を行った。
1 旋律やリズム、速度や強弱、和声の響きや調などの共通事項について、それぞれの音楽の要素の特徴に気付かせ、音楽の要素と曲想とのかかわり合いをとらえさせる。そしてこれを、「こんなふうに歌いたい」という願いや歌い方を考える根拠とする。
2 曲の一部分で歌い方を試させ、自分の願いと音楽の要素とを結び付けて歌い方を考えるという方法を全体で共有する。そして、それを基に曲全体の歌い方を考えさせる。
 また、これらの活動の中で、ワークシートの工夫や理由の問いかけなどにより、言語活動を充実させ表現の根拠を明らかにし、よりよい表現につなげていくことができるようにした。 
 

TAGS ;  平成24年    新潟    音楽      



「教育実践」 
「共通事項」を手がかりに音楽のよさを捉えて表現追求させる指導のあり方
新潟市立小須戸中学校
和田 麻友美

 

 「こういうふうに歌いたい!」「○○してみるともっとよくなるかもしれない。やってみよう。」私はこのように、子どもに楽曲に対して明確な思いや意図をもたせたい。そして、その思いや意図を演奏として表現できるように仲間とともに主体的に追求活動に取り組ませたい。それは、子どもにとって、「自分たちがつくりあげた音楽なんだ」と音楽表現の根本の喜びを感じることにつながると考える。

 「なんとなくこうしてみる」「音楽記号で指示されているからとりあえず指示に従ってみる」でなく、音楽をかたちづくっている要素〔共通事項〕を手がかりに、その要素が曲に対して生み出す効果的な働き(=音楽のよさ)を捉えることができれば、「楽譜では~だから・・・にして歌いたい」と思いや意図が明確になり、子どもはその思いや意図の実現に向けて表現追求活動を主体的に取り組むのではないだろうか。

 本実践では、子どもが「共通事項」を手がかりに音楽のよさを捉えられる活動の組織として、以下の内容を組み込んだ授業を構想し、実践、検証していく。

(1) 楽曲の内容を捉える活動の組織

・歌詞の意味を問い、子どもに曲に対するイメージを膨らまさせる。

・楽譜に書かれている強弱記号・速度標語を確認させ、意味を理解させる。

(2) 「共通事項」を手がかりに「考えるポイント」を提示し、思いや意図をもたせる活動の組織

・教師が、手がかりとする「共通事項」の中から絞った要素を中心に考えさせる。

・考える際に、順序立てて整理させるため、「考えるポイント」を提示し、子どものもつ思いや意図を明確にさせる。 

(3) 仲間と相互評価しながら練習させる活動の組織

(2)で明確にした表現意図を実際の演奏に表現できるように練習をさせる。
・自分たちの思いや意図が、聴いている人にもしっかりとわかるような演奏するため、グループで聴き役を立ててアドバイスし合い、相互評価させる。


TAGS ;  新潟    中学校    音楽    平成25年度   



「教育実践」 
子どもが[共通事項]を手がかりにして表現を工夫する題材のあり方
~「習得」・「活用」の段階の指導を大切にして~
村上市立西神納小学校
熊倉 一恵

 学習指導要領では「歌詞の内容、曲想にふさわしい表現を工夫し、思いや意図をもって歌う力」の育成が求められている。「歌詞の内容や曲想にふさわしい表現を工夫する」こととは、リズムや強弱など音楽を形づくっている要素が生み出すよさ、面白さ、美しさなどを感じ取り、それらを生かした表現を自分なりの思いをもって創り出すことであると考える
私は、子どもが自分なりの表現を工夫する力を高めることができるのは、「これならこうしたい。」という見通しや方策をもったときであると考える。そのような見通しや方策をもたせるために、題材の中で「習得」し「活用」するという段階を追った学習過程を位置付けて指導する。音楽を形づくっている要素を「習得」で気付かせ感じ取らせ、手立てをもたせて「活用」で自らの表現の工夫に生かして考えさせる指導構成である。
 音楽を特徴付けている要素や音楽の仕組みを聴き取り、そのよさなどを感じ取ることが〔共通事項〕として新設された。そこで、題材のねらいに照らしながら〔共通事項〕に示された音楽を形づくっている要素を焦点化した。そして、それを子どもに習得させることで、習得したことを手がかりにして自分で考え、表現を工夫していく子どもの育成を目指し、歌唱領域における授業実践を行い、その有効性を検討した。
本実践では、「習得」「活用」を以下のように捉えて実践した。
「習得」…学習前半において、知覚・感受や創意工夫の方策を自分のものとすること。
「活用」…学習後半において、前半で学んだ内容を利用して、表現を工夫すること。

TAGS ;  下越    小学校    音楽    平成25年度   




地域の伝統音楽を自己化し、音楽づくりの楽しさを広げていく子どもの育成  
~第1学年「うたって はずんで わらべうた」の実践を通して~
田上町立田上小学校
志田 美代子

  伝統音楽のよさに浸り、そのよさがどこから生み出されているのかを探り、聴き取ったことと感じ取ったことを繋げて考え、思いをもって音楽づくりを楽しみ、その楽しさを生活の中に生かしていく子どもの育成をねらった。
 まず、田上に伝わるまりつきうた「うさぎのいいすけ」の教材性に着目した。このうたは、反復の仕組みを用いている。言葉の抑揚が自然な旋律となっている点、体の動きと音楽が一体となり、日本の伝統音楽に繋がる音感覚を育てることができる点が、1学年の音楽の教材として適している。
 次に、よさに気付かせ思いをもって音楽づくりを行うために、「出会う」「知的に浸る」「知的につくり上げる」の3つの段階からなる指導過程を組み立てた。「出会う」で生まれた意欲を「知的にひたる」過程に繋げ、「うさぎのいいすけ」のよさ(ひみつ)に気付かせ、音楽づくりへの思いを育む。さらに、「知的につくり上げる」過程で、ひみつを生かした自分のまりつきうたをつくって楽しむという一連の指導過程を工夫した。
 今回の実践で、音楽づくりにおける一つの流れを構築し、伝統音楽を授業にいかにして取り入れていくかを提案できた。今後は、第1学年で気付いた伝統音楽のよさや音楽づくりの楽しさを、他の学年の段階でどのように発展させていくのか検討していく。

TAGS ;  平成24年    中越    音楽      




生徒が思いをもって取り組むことができる授業づくり 
~新たな価値を広げる音楽活動~
長岡市立南中学校
佐藤 孝子

 

受賞理由

 ゴスペル、「酒造り唄」等、民族音楽や伝統音楽など生活に根ざした社会的・文化的背景をもつ音楽を授業(合唱指導)に取り入れるという新しい試みに取り組んでいる。さらに、その取組を学会で発表したり、教育雑誌に連載したり、市の論文や教育研究発表会で発表したり、その成果を広く伝えようと積極的に取り組んでいる。
 合唱の指導者として、コンサートの指揮者、実技講習会の講師、25年間にわたるママさんコーラスの指導等に携わり、合唱のよさを広く普及しようとするなど、地域への貢献度も高い。


TAGS ;  平成23年    音楽    中越      




合唱の喜びを感じながら、自信をもって歌う子どもの育成
長岡市立希望が丘小学校
早川 裕介

 同じ児童たちを対象に(第4~6学年)、3年間、上記の主題実現に向け実践を行った。意欲面と技能面(発声・音程)を「両輪である」と考えつつ、それぞれの向上をねらって13の手立てをとった。特に、「合唱コンクール」として、未習曲を班ごとに練習・発表し、優勝班を決定するという活動を取り入れたことや、その中で子ども同士が評価する場面を取り入れたことが、子どもに自信をつけたり意欲をもって歌えたりすることにつながった。さらに、毎回の発声練習を楽しく積み重ねたことが発声面の、毎回の授業に楽器の演奏を積極的に取り入れたことが音程面の成長につながった。
 13個の手立てのうち最も成果があったのが意欲の向上を図る手だてであった。正しい音程で他パートと歌えるようにするという技能面の向上以上に、児童の実態や思いを尊重しながらいかにして一人一人の歌う意欲を高めるかが大切であると考える。

TAGS ;  平成23年    研究実践    中越    音楽   




音楽の背景にある思いを感じ取りながら、表現を追求する授業展開の工夫  民族・伝統音楽における表現と鑑賞を一体化した授業実践から
長岡市立南中学校
佐藤 孝子

 普段、学習の中心となっている西洋音楽と民族・伝統音楽の学習との大きな違いは、音楽そのものと取り巻く人々の生活とが密接に関連し、切り離すことができないことにあるととらえている。異なった社会に暮らす人々の生活や文化などの社会的背景を理解し、その音楽的な価値を知ることが、表現へ糸口になっていく。「何故その音楽は生まれてきたのか」更には「人間にとって音楽とは何か」といった根源に触れるきっかけとなることが、西洋音楽と異なる魅力の一つと感じている。社会的背景を学び、本物に触れる体験を通して、人々が音楽に込めた思いや音楽の特徴を見付け出すことが、音楽と生徒たちとの距離を縮め、接点をつなぐことになる。その思いが生徒たちのモチベーションを高め、より豊かな表現の追求につながっていくと考える。
このように音楽(テクスト)とそれを取り巻くもの(コンテクスト)を学び、本物に触れる体験をしながら、思いを育て、それを手掛かりに表現を練り上げさせていく。

TAGS ;  平成23年    研究実践    音楽      



 


キーワード検索

カテゴリー別検索
 

ときわ会新潟 石川雲蝶の彫刻
ときわ会新潟 1600人の熱気 教育研究発表会
ときわ会新潟 根小屋公園の芝桜 魚沼小千谷
ときわ会新潟 スーパーティーチャーを目指して
ときわ会新潟 郷屋の水芭蕉 五泉
ときわ会新潟 直江兼続生誕地の坂戸城趾 南魚
ときわ会新潟 アグリパーク 新潟南
ときわ会新潟 ビュー福島潟 新潟北
 

 
当サイトのすべてのコンテンツの無断転載・引用を禁じます。
教育研修団体ときわ会が作成しているサイトは当サイトだけです。