ときわ会公式ホームページときわ会公式 ときわ会教育公式サイト ときわ会公式サイト ときわ会新潟教育 
ときわ会 新潟教育 本旨
Educo教育データベース  ときわ会教育公式サイト
ときわ会 新潟教育 未来図
新潟県の教育研修団体ときわ会の教育実践・サー クル活動などの情報を発信しています
 
 
ときわ会新潟 佐渡岩船村上ときわ会新潟 五泉新潟西ときわ会新潟 刈羽柏崎三条
 

家庭・技術

「教育実践」
生物育成に関する技術における、より主体的で深い学びにつながる授業
長岡市立江陽中学校
加藤 尚徳

  現在技術分野で行われている生物育成は、実践的・体験的な学習活動を通して生物の育成や成長・収穫の喜びを体験させる内容である。しかし、栽培場所や時間の問題から、室内で行ったり手のひらサイズの小規模になったりと本来の農業とはかけ離れてしまう。人工的に栽培環境の条件を変えた生物育成は実験的な要素が多く、生徒が主体的に取り組みにくいと考えた。そこで、生徒を農業に携わる生産者に置き換えて生物育成の学習を進め、生産者の立場としての喜びと苦労を体験することで、生徒がより主体的に生物育成に取り組めるのではないかと仮説を立てた。
1 生徒が農業そのものを理解するための題材の設定
 生物育成については小学校でも経験するが、生物の成長の様子を観察することが目的であり、農業本来の生産性についての技術指導はあまり受けていないのが現状である。そこで、昨年度の学習の様子を写真等で見せたり、生物の成長の様子を順番に説明したりするなどして、全体の見通しをもたせた。特に農業の全体(土づくり~植物の片付け)を捉えているケースが事前のアンケートから少ないことが分かった。そこで、農業の1年間の作業を説明することで、不足していた作業や場面に気付かせることができた。実践後、アンケート結果より「これまでの生物育成とは管理技術が異なった」と答える生徒が約93%と多いことが明らかになった。具体的には、土づくりや摘芽、摘芯、誘引などの作業は初めて体験する生徒が多かった。これは生産性を上げるための管理技術であり、これまでの生物育成とは大きな相違点となった。
2 選択を増やす教師からの技術指導
 今回は育成する品種をミニトマト(アイコ)に限定し、栽培中に想定される状況を種類別に分けて指導した。特に、栽培時期の5月~8月は、天候によって様々な管理技術が考えられ、状況に応じた技術の施行が必要となる。教師側からはより具体的な状況を想定した技術指導を複数回行った。具体例として、葉に穴が開いているという問題に対して、①病気か害虫かの判断、病気の場合は、②その原因と③対処方法、害虫の場合は、④その害虫の特定と⑤駆除方法など場面の設定を明確にして指導を行った。実際、畑で作業する生徒の姿は植物に施す管理技術が明確で手際よく作業していた。特に今夏の猛暑は生物に大きな影響を与えたため、生徒たちの関心も一層高まったと推測できる。実践後「今後、ミニトマトを栽培するときに、どんなときにどんな作業が必要か判断することができるか」という質問に対して約98%の生徒が肯定的に答えた。
3 成果と課題
 1、2の手だてを用いて学習を終えた後、生徒からの感想には、育成に関する技術の大切さを体感した生徒が多数いたことが明らかになった。また、生産物は学校給食の材料として使用し全校生徒に振舞われ、生産者の喜びを実体験できた。以上の成果より、今回の生産者の立場として学習を行うことで、生徒がより主体的に生物育成に取り組めることが実証できた。課題としては2の手だてを行う際、生徒も膨大な知識が必要となってくる。経験不足を補うためにも、理科の学習内容や生活経験からの知識が集約できる教科横断的な事前学習が大切である。

TAGS ;  平成30年度    教育実践    中学校    家庭・技術    中越



「教育実践」
生活をよりよくしようと工夫し創造する態度を育てる授業づくり
新潟市立小針小学校
小野 愛佳

 1 研究内容
 次期学習指導要領では、家庭科の目標が「生活の営みに係る見方・考え方を働かせ…資質・能力を…育成することを目指す。」となった。これまでの実践を振り返ってみると、児童の実態に合った学習課題になっておらず、課題意識が生まれない児童が多かった。児童の生活経験で知っていることを基に、話合いを通してよりよい生活を考えさせることが多かった。根拠が曖昧だったため、どの方法が効果的かを実感する実践的・体験的活動には到っていなかった。
 そこで、児童が課題意識をもち、科学的な意味付けを基に生活を工夫し創造する態度を育てるために、①「日常に目を向けるずれのある導入」、②「根拠を基にした思考場面」、③「生活の営みに係る見方・考え方の概念化」の三つの手だてを行う。小学校5年「じょうずに使おうお金と物」、小学校6年「暑い季節を快適に」の単元において実践を行った。
 
2 研究の実際と考察
 手だてを取り入れた授業において、児童のアンケートを分析した。消費生活の単元ではアンケートの結果、自分の家庭の状況に合わせて買い物をした児童が51.5%だった。商品の産地や原材料を見るようになった児童や、祖父が好む物、子どもが好む物を考えてお菓子を買っている児童が増え、生活を工夫し創造する姿が向上した。一方で33.3%の児童が賞味期限などの表示を見て買ったり、本当に必要かどうかを考えて買ったりすることを前から行っていたと回答していた。このことについては成果と課題で後述する。住生活の単元では、アンケートの結果各家庭の間取りや部屋に合わせて、学習したことを工夫している児童が82.4%だった。風の出入り口を考えて窓の開け方を変えたり、体感温度を考えて服の色を白にしたりと生活を工夫し創造する態度が向上したと考える。

3 成果・課題
 ずれのある導入や実験を通して課題を解決していったことで、学習の楽しさや、実感を伴った理解につなげることができた。その結果、生活に役立てようとする姿や使ってみようという思いになったと考える。授業後の生活に役立てているかの質問で「前から家庭で行っていたことだった。」という児童が多かった。その児童が授業後に、今まで児童がもっていた認識と授業で獲得した意味づけを結び付けて家庭で行っているかを検証することができなかった。

<参考文献>
「家庭科教育を学ぶ人のために」/堀内かおる.世界思想社
「平成29年版 小学校新学習指導要領ポイント総整理 家庭」/鈴木明子.東洋館出版社
「小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 家庭編」/文部科学省.東洋館出版社

TAGS ;  平成30年度    教育実践    小学校    家庭・技術    新潟



「サークル活動」
松は緑の職人組合
県立教育センター
阿部 一晴

  当サークルは、全県エリアで活躍する小学校家庭科、中学校技術・家庭科の会員により構成されています。
 目的は、①会員の実践発表や講演、協議などを通して、新しい情報を共有すること、②授業実践についての情報交換を通して、指導力を高めること、③会員相互の親睦を深めること です。
 技術・家庭科は、1校一人配置の場合が多いため、校内研修や小規模郡市内の研修では、充実した研修を行うことが難しい面があります。そこで、全県から様々なキャリアや技能をもつ会員が集うことにより、毎回熱気に満ちた有意義な研修を行っています。研修で得た知識や技能は、会員それぞれが現場に戻ってからの糧となり、更なる実践へと「職人魂」に火を付けます。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    家庭・技術    新潟 佐渡 上越 中越 下越    小学校 中学校



「サークル活動」
中越家庭科サークル
長岡市立山古志中学校
小林 孝子

  当サークルは、中越地区の家庭科教育に情熱を傾ける教員が集い、平成24年度に立ち上げたサークルです。長岡市を拠点に活動しています。「子どもの自立と共生に向けた生きる力を高める」という家庭科の使命を達成するために、様々な研修を進めています。
 今年度は、7月に文化学園大学から講師をお招きし、アイデアバッグの実技講習会を、8月に防災について学ぶサバイバルクッキングの研修会を行います。秋には、関ブロ小学校家庭科教育研究大会に向けた授業検討会を、 12月には、新潟大学から講師をお招きし、御指導をいただきます。
 家庭科は、小学校では5・6年生の教科であるため、学級担任が継続して研究するには難しい教科と思われがちです。また、中学校では、家庭科専任教員が少ないのが現状です。しかし、家庭科は生きる力の基盤を学ぶ「総合教科」であり、全ての学年の要となる教科、小・中学校の関連を意識して活動を展開できる重要な教科です。男女や年齢、経験を問わず、より多くの方々と一緒に教材研究や授業づくりを行い、家庭科教育の裾野を広げていきたいと願っています。少しでも家庭科に興味・関心をおもちの方、一緒にコーヒーを飲みながら、家庭科について考えてみませんか。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    家庭・技術    食育    中越 小学校 中学校



「サークル活動」
松は緑の職人組合
長岡市旭岡中
大野 敏法

 当サークルは、全県エリアで活躍する小学校家庭科、中学校技術・家庭科の会員により構成されています。
 目的は、①会員の実践発表や講演、協議などを通して、新しい情報を共有すること、②授業実践についての情報交換を通して、指導力を高めること、③会員相互の親睦を深めることです。
 技術・家庭科は、1校1人配置の場合が多いため、校内研修や小規模郡市内の研修ではなかなか満足することができません。そこで、全県エリアから様々なキャリアや技能をもつ会員が集うことにより、毎回熱気に満ちた有意義な研修を行っています。研修で得た知識や技能は、会員それぞれが現場に戻ってからの糧となり、更なる実践へと「職人魂」に火を付けます。

TAGS ;  平成29年度    家庭・技術    小学校・中学校    新潟・佐渡    上越・中越・下越



「サークル活動」
Home science 下越
新潟市立鎧郷小学校
吉田 富貴子

 家庭科は、生きる力を付けるための主要な教科です。本サークルは、主に下越を範囲とした家庭科教員の集まりで、授業について語り合っています。校内で家庭科を担当している者が少なく相談できないことを持ち寄り、みんなでアイディアを出し合ったり、指導を受けたりしながら進めています。今年度は、新学習指導要領を踏まえ、5か年の学びが連続する指導の在り方を考えます。
 研究主題は「科学的根拠に基づく小中一貫の家庭科教育を目指して」です。活動内容は、「科学的根拠に基づく課題追究型家庭科教材の開発」「小中5年間の家庭科『学びの足跡~食領域編~』の構築」「授業改善を目指した指導案検討及び実践」の三つです。
 内容によっては、教科の枠を越えた参加者も募っております。案内が届きましたら、興味のある方はご参加ください。

TAGS ;  平成29年度    家庭・技術    キャリア教育    新潟・下越    佐渡



「サークル活動」
中越家庭科サークル
長岡市立山古志中学校
小林 孝子

 当サークルは、中越地区の家庭科教育に情熱を傾ける教員が集い、平成24年度に立ち上げたサークルです。主に長岡市を会場に活動しています。「子どもの自立と共生に向けた生きる力を高める。」この家庭科の使命を達成するために、様々な研修を進めています。
 今年度は、8月に「タニタカフェ健康講座」と題して、研修会を行いました。平成26年に長岡市が多世代健康まちづくり事業の一つとしてオープンしたタニタカフェ。健康の三要素である「食」「運動」「休養」を良質でバランスよく実践できる健康づくりについて、タニタカフェの方々からお話をしていただき、食と健康についての理解をより深めることができました。
 今後は、11月に行われる関ブロ中学校技術・家庭科研究大会に向けて、小中連携を大切にした授業検討会、実践発表などを行う予定です。また、12月には、大学から講師をお招きし、ご指導をいただきます。
 家庭科は、小学校では5・6年生の教科であるため、学級担任が継続した研究教科としていくには難しいと思われています。中学校では、家庭科専任の教職員が少ないのが現状です。しかし、家庭科を生きる力の基盤を学ぶ「総合生活科」と捉え、すべての学年の教科・領域等の要となる教科、小・中学校の関連を意識して活動を展開できる教科であると考えています。男女や年齢、経験を問わず、より多くの方々と一緒に教材研究や授業づくりを行い、家庭科教育の裾野を広げていきたいと願っています。少しでも家庭科に興味・関心をお持ちの方、一緒にコーヒーを飲みながら、家庭科について考えてみませんか。

TAGS ;  平成29年度    家庭・技術    食育    中越   



「教科等研究セミナー」
デジタル作品の設計・制作を通した情報活用能力の実践
燕市立小池中学校
河村 宏樹

  技術・家庭科の技術分野では、D「情報に関する技術」における「デジタル作品の設計・制作」を通してメディアを複合し表現する実践を紹介する。作品制作に関わって、タブレットを使い動画や静止画を撮影し、ムービーメーカーで編集を行った。画像の編集や組み合わせなど、創意や高い技能を求められるが、生徒たちは意欲をもち続け、作品を完成させることができるようになる。
1 研究のねらい
 メディア機器の発達により、テレビドラマやCMのような映像を家庭でも容易に作ることが可能となった。そこで生徒は、生活の中にある”happy”を題材に動画作品作りに取り組む。制作の過程で映像加工のスキルを学ぶとともに、思いを伝える表現方法の工夫や視聴者の視点に立った作品づくりを心掛けることで豊かな内容の作品を完成させることができるようになる。
2 研究の方法
 ・WEB上の画像を使い画像を加工しアニメーションを加えながらスライドやその画像をつなぎ合わせ一つのストーリーを制作する。この過程でスキルを学習し表現の楽しさを感じさせる。
 ・タブレットを使って、動画や静止画を撮影、加工し作品を制作する。その作品を途中評価し合うことで、表現を工夫した作品作りにつなげていく。
3 成果と課題
 今回使用したアプリケーションソフトは、ペイント、ムービーメーカーの二つである。この二つはWindows搭載マシンであれば無料で使用できる。学習内容が家庭でも継続しながら取り組むことができるので、学習したことを生活の中でも生かしていくためにふさわしい題材であったと言える。また、他の生徒と制作過程の作品を見せ合うことで会話が生まれ、他者の評価を取り入れながらよりよい作品を作ることができた。今後の課題として、情報活用能力を育成する観点から、情報モラルの学習状況を踏まえるとともに、他教科や道徳等における情報教育との連携・接続にも配慮する必要がある。

TAGS ;  平成28年度    全県    中学校    家庭・技術   



「教育実践」
生活経験に基づいた授業づくりと指導の工夫
~生徒の自立を目指した献立づくりと調理~
新潟市立小針中学校
諸橋 利香

  私たちの生活を支える技術や知恵の伝承は、かつては、その多くが家庭や地域において行われ、様々な人とかかわり、実体験を通して生活に必要な知識や技能、判断力などを身に付けてきた。しかし、社会生活は日々変化し、それに伴って家庭生活も多様化している。食生活においては、ライフスタイルの変化から、外食産業に頼ることも多く、食品の選択や調理、食事の取り方に大きな変化が見られる。これらのことから、生徒が自立して生活を営むためには、基礎的な知識・技術を身に付けることに加えて、生活に必要な技術や情報を自己の生活の状況に応じて適切に判断し、選択することが必要となる。そこで、次の2点からその解決に迫った。
1 調理実習における学習内容(知)と実習内容(技)を結び付ける「学びの足跡シート」の活用
 生徒は、これまでの調理実習と経験を通して、調理技術を高め、自立した日常食の調理が出来ることを目指している。授業では、自立のために一人で調理を行うマイクッキングにおいて、調理技術のレベルアップを目指した献立を考えている。しかし、今までの調理場面では、調理手順や、段取りに整理がつかず、作業に無理や無駄がある。そこで、これまでの調理実習の学習内容(知)と実習内容(技)を結び付け、今後の学習への見通しを立てるための「学びの足跡シート」を用いる。それを用いることは、今までの学びや自分の課題や考えを可視化させ、学習内容が整理しやすくなると考える。また、自己の知と技の成長を実感し、新たな課題を見いだすことで、より現実的で自立した日常食の調理に向かう意欲と技術を高めることが出来ると考え、「学びの足跡シート」を活用した。
2 協働学習の充実
 献立を作成、決定するまでの学習活動では、班で交流・検討する場面を設定する。これらの協働学習は、個人の生活経験から学ぶ知識や技能の差を、仲間同士で補完し合うことができる。そして、仲間と様々な観点を基に、合意形成を図ることで、自分たちの調理技術を向上させるためのより現実的な献立の作成や、それに伴う食品の選択などを予想し、提案することができると考える。学習活動の終末には、個の生活に返して、自分の食生活にとって「今出来ること」と「必要なこと」を整理させる。そうすることで、自分の生活環境や食生活、調理技術に合った献立に修正を加え、班で話し合ったことを根拠に、自分の献立について説明することができるよう、協働学習の充実を図った。
 研究を進める中で、生徒は成果と次の課題に対する、確かな実感をもって学習に臨んでいる。生徒の生活がより自立し、生活の多くの場面で自分にとって適切な判断ができたり、仲間と共に、最適解を創り出することができたりするよう、今後も研究を継続させたい。

TAGS ;  家庭・技術    新潟    中学校    平成28年度    研究会



「教育実践」
生活を工夫し、創造する能力を育む授業づくり
長岡市立旭岡中学校
大野 敏法

  「材料と加工に関する技術」の内容において、生活を工夫し創造する能力を育むために、自らの生活を振り返り、検討させるための題材設定を行った。その中で、生徒が「材料と加工に関する技術」を評価し、活用する能力を高めることで、生活を工夫し、創造する能力を高めることに繋がると考えた。そして、授業実践を基に、その有効性を検証した。
 題材は、自らの生活を振り返らせ、生活の中で、ものを整理したり、便利にしたりするものを1枚の板材から自由に設計し、作品の製作を行うものである。生徒が生活を便利にしたり、使いやすかったりするための工夫を行えるように、グループでの発表、話合い活動を以下の2つの場面に取り入れた。
1 製作品の構想
 製作品の構想を行うに当たり、①使用目的②使用場所③機能④材料・部品の4つを明確にさせた。そこに、大まかな作品の完成スケッチを描かせ、構想用紙にまとめさせた。構想が出来上がった段階で、自分の製作品の機能や構造をグループ内で発表し、改善点などを検討した。ここで、自他の製作品の良い点や改善が必要な点などの意見を参考に、スケッチを含めた自分の製作品について再検討させる時間を設けた。再検討した構想を基に、設計を行い製作を進めた。
2 完成作品の紹介
 製作終了後、再度グループ内で自分の製作した作品について発表し、検討を行う活動を取り入れた。自分の製作した作品の機能や工夫したところを発表し、お互いに評価し合う時間を設定した。
 1での場面では、生徒は、自分の作品や他の生徒の作品を比較し、機能や構造、使いやすさを再検討して設計に生かす生徒が多く見られた。2の場面では、実物を見ながら行ったため、機能や工夫した点がより分かりやすく伝わり、周りからの評価もより具体的な意見が多くなった。
 これらの検証から、生徒同士で構想の検討や作品の評価を発表し合うことで、工夫できるころや作品の使いやすさに気付きやすく、よりよい作品づくりに繋げることができたと考えられる。しかし、中には、見た目の美しさや技能の高さだけに目が向いている生徒も多くいた。他の生徒から得たヒントや情報をしっかり自分の作品に生かすために、作品を評価する観点をもっと具体的なものにする必要がある。

TAGS ;  家庭・技術    中越    中学校    平成28年度    研究会



「教科等研究セミナー」
 生活を工夫し,創造する能力を育む授業づくり
長岡市立旭岡中学校
大野 敏法

 「材料と加工に関する技術」の内容において,生活を工夫し創造する能力を育むために,自らの生活を振り返り,検討するための題材設定を行った。その中で,生徒が技術を評価し,活用する能力を高めることが,生活を工夫し,創造する能力を高めることにつながると考えた。そして,授業実践を基に,その有効性を検証した。
 題材は,1枚の板材から,自らの生活を振り返り,生活の中でものを整理したり,便利にしたりするものを自由に設計し,作品の製作をするものとした。生徒が生活を便利にしたり,使いやすくしたりするための工夫を行えるように,グループ内での発表,話し合い活動を以下の2つの場面に取り入れた。
①製作品の構想
 構想を行うに当たり,使用目的,使用場所,機能,材料・部品の4つを明確にさせた。そこに,大まかな作品の完成スケッチを描かせ,構想用紙にまとめさせた。構想が出来上がった段階で,自分の製作品の機能や構造をグループ内で発表し,改善点などを検討した。ここで,自他の製作品の良い点や改善が必要な点などの意見を参考に,スケッチを含めた自分の製作品について再検討させる時間を設けた。再検討した構想を基に,設計を行い製作を進めた。
②完成作品の紹介
 製作終了後,グループ内で自分の製作した作品について再度発表し,検討を行う活動を取り入れた。自分の製作した作品の機能や構造,工夫した点を発表し,お互いに評価し合う時間を設定した。
 ①の場面では,生徒は,自分の作品と他の生徒の作品とを比較し,機能や構造,使いやすさを再検討して設計に生かす生徒が多くみられた。②の場面では,実物を見ながら行えたため,機能や構造,工夫した点がより分かりやすく伝わり,周りからの評価も具体的な意見が多くなった。
 これらの検証から,生徒同士で,構想の検討や作品の評価を発表し合うことで,工夫できるところや作品の使いやすさに気付きやすく,より良い作品づくりにつなげることができると考えられる。しかし,中には,見た目の美しさや技能の高さだけに目がいっている生徒も多くいた。他の生徒から得たアドバイスや感想を自分の作品に生かすために,作品を評価する観点をもっと具体的なものにする必要がある。

TAGS ;  平成26年度    中学校    家庭・技術    中越    教科等研究セミナー



「教科等研究セミナー」
 「生物育成に関する技術」における環境教育との関わりを意識した学習過程の開発
三条市立下田中学校
鈴木 知宏

  環境教育では、「体験的な活動の重視」と「身近な問題に目を向け、身近な活動から始める」ことをねらいとしている。本研究では、技術科教育の生物育成に関する技術において、環境教育との関わりを意識した教材と学習過程を開発、実践した。内容設定の理由は、環境保全について、授業の中で意識し、実践している例も多いが、改めて時代に合わせた環境保全の取組が必要であると感じていた。その中で、生徒一人一人の日常生活の過ごし方の違いが、環境に大きな影響を与えていることに気付かせ、持続可能な社会を目指す姿を育てたいと考えた。
 単元の構成は、以下の通りである。(全5時間)
<1時間目>小単元名「作物の栽培と水との関わりを知ろう 」
 水への関心を高めるために、身のまわりの水について考えさせた。ここでは、生徒の学習意欲を高めるためゲーム形式で学習を行った。その後、新潟水俣病を例にあげ、水俣病とはどのようなもので、なぜ起こり、その影響はどのようなものだったのかについて考えさせた。そして、水は作物に多大な影響を与えることを学習した。
<2、3時間目>小単元名「われら水質調査員」
 実際に身近な水の水質調査をパックテストで行い、調査記録をまとめて発表し、今後の生活を見直す視点をもつことを主な学習活動とした。さらに、現代の水の洗浄技術や海外の水との比較等も行った。その後、パックテストで得られた値を確認して、それらの水を用いてのスプラウト栽培を用いた栽培実験を行った。
<4時間目>小単元名「立派なカイワレダイコン生産者になろう」
 栽培実験の観察記録発表を行い、作物の栽培と水の関係をまとめた。その後、身のまわりの環境について学習し、今までとこれからの生活について考えた。
<5時間目>小単元名「環境改善案発表会」
 自分が考えたことをグループ内で出し合い、グループでの意見をまとめ、発表した。その後、作物と水の関係を考えながら、持続可能な社会について考え、まとめた。

TAGS ;  平成26年度    中越    中学校    家庭・技術    教科等研究セミナー



 


キーワード検索

カテゴリー別検索
 

ときわ会新潟 上越妙高駅
ときわ会新潟 郷屋の水芭蕉 五泉
ときわ会新潟 福島潟自然文化祭「雁迎灯」
ときわ会新潟 直江兼続生誕地の坂戸城趾 南魚
ときわ会新潟 加茂山公園 加茂
ときわ会新潟 みなとピア 新潟中央西
ときわ会新潟 小木の石仏群 佐渡
ときわ会新潟 朝の角田山 新潟西蒲
 

 
当サイトのすべてのコンテンツの無断転載・引用を禁じます。
教育研修団体ときわ会が作成しているサイトは当サイトだけです。