ときわ会公式ホームページときわ会公式 ときわ会教育公式サイト ときわ会公式サイト ときわ会新潟教育 
ときわ会 新潟教育 本旨
Educo教育データベース  ときわ会教育公式サイト
ときわ会 新潟教育 未来図
新潟県の教育研修団体ときわ会の教育実践・サー クル活動などの情報を発信しています
 
 
ときわ会新潟 新潟秋葉魚沼小千谷ときわ会新潟 見附加茂ときわ会新潟 長岡東新発田
 

外国語

「サークル活動」
外国語教育を考える会
新潟市立鳥屋野中学校
南場 健一

  外国語教育における小・中・高等学校間のよりよい接続を実現させるために、小学校教員と中学校教員、高校教員とが互いに意見交換し、授業をどのようにつくっていけばよいのかを学べるサークルです。また外国語教育を指導する専門家の皆様を毎回サークルにお招きし、最新の教育事情についての知見を深めたり、教育実践に対するご助言をいただいたりすることができます。
  研修は、互いに実践している取組や授業の中での活動、今現在悩んでいることなどをA4用紙にまとめて持ち寄り、その内容について意見交換する形で進みます。様々な実践が紹介されるため、今後の授業に役立つヒントを多く得ることができます。授業づくりに悩んでいる先生も大歓迎です。小学校会員・中学校会員・高等学校会員の仲のよさも魅力の一つです。

TAGS ;  令和元年度    外国語    国際理解教育    新潟    小学校 中学校 高等学校



「サークル活動」
下越英語研究サークル
新発田市立第一中学校
杉﨑 勝彦

  私たちは、外国語活動に興味関心のある教員を中心に活動しているサークルです。「主体的・対話的で深い学びのある授業づくり」の実現に向けた授業改善を研究主題に掲げ、実践を持ち寄り、有効な手だてや問題点について話し合ったり、講師を招いての講演会などを行ったりしています。ベテランから若手の会員のネットワークもできます。今年度も「小中の連携」をキーワードに活動を進めていこうと考えています。小学校での外国語活動の実施を受け、更なる小中の連携と活動の充実が必要であると考え、小学校の教員にも声を掛けています。外国語活動に興味関心のある方から参加していただけるように計画を進めています。今後も英語教育の動向に注目しながら研修の機会を大切にしていきます。

TAGS ;  令和元年度    外国語    下越    小学校 中学校   



「サークル活動」
長岡英語活動研究会
新潟大学教育学部附属長岡小学校
清野 諒

 当サークルは、外国語科、外国語活動授業力の向上を目指して研修を行っているサークルです。
 学習指導要領において、中学年に外国語活動が、高学年に外国語科が導入されました。それらの授業の在り方を、各会員の実践や指導案検討等を通して学んでいます。単元の構成、教材、指導技術、評価の在り方等、幅広く研修を行い、会員の指導力の向上に努めています。今年度のテーマも、「外国語教育における主体的・対話的で深い学び」です。学習にやりがいや楽しさを見いだし、見通しをもちながら主体的に活動する子ども、他者や相手を尊重しながら情報や考え等を伝え合ったり、自らの考えを深めたりする子ども、言語活動の中で、知識や技能を習得し、それらを実際のコミュニケーションで活用できる子どもを育む授業を目指します。会員同士が相互に研鑚・練磨し合い、互いに専門性を高めることができるように研修を進めています。

TAGS ;  令和元年度    外国語    国際理解教育    中越    小学校



「サークル活動」
中越英語教育研究会
長岡市立南中学校
大矢 寿和

 当サークルは、中越地区内のサークル(「魚沼・小千谷・十日町・南魚英語を語る会」「三南英語教育を語る会」)と連携し、中越地区全体で組織を作って活動しています。中越地区のサークルが合同で研修することにより、ベテランから若手の会員のネットワークができ、日常的な資料の共有や情報交換を行っています。
 研修会は、会員が実践したコミュニケーション活動を模擬授業で紹介したり、テーマに基づいてグループ協議を行ったりと、様々な形態で行っています。会員の多くは中学校の英語科教員ですが、各地区の小学校の教員にも声を掛け、小中の枠を越えた活動を目指しています。
 また、数年前から、会員外の教員にも声を掛けて研修会を行っています。会員外の教員から参加してもらうことで、地区内の研修の輪が広がり、質も高まってきています。

TAGS ;  令和元年度    外国語    中越    中学校 小学校   



「教科等研究セミナー」
話すこと・やり取りを楽しむ児童の育成を目指して
~目的意識をもたせる場面設定とALTとの対話を想定したインタラクションを取り入れた授業づくり~
新潟市立庄瀬小学校
小海 絵美

  新学習指導要領外国語の目標には、「コミュニケーションを行う目的や場面・状況などに応じて、身近で簡単な事柄について、聞いたり話したりするとともに、音声で十分に慣れ親しんだ外国語の語彙や基本的な表現を推測しながら読んだり、語順を意識しながら書いたりして、自分の考えや気持ちなどを伝え合うことができる力を養う。」と示されています。
 児童の中には、「もっと英語を話したり聞いたりしてコミュニケーションを図りたい。」という前向きな思いがある一方、英語を話したり聞いたりすることに不安感を抱いている児童もいます。自信をもってコミュニケーションを図るような手だてを講じれば、児童がより英語を話したり聞いたりする喜びを感じられるようになると考えます。児童が「伝えたい」「伝えなければ」と思えるような身近で必要感のある場を設定することと、会話に必要な表現を身に付ける場を設定することが必要であると考え、研究主題を設定しました。その研究主題の実現のために、以下の二つの手だてを講じ実践を重ねてきました。
1 目的意識をもたせる場面設定                         
 単元ごとに明確なゴールを示し、何を習得すればよいのか見通しをもって取り組ませたり、対話場面で自分の立場を明確にして活動させたりすることで、単元を通して意欲の高まりを持続させることにつながりました。単元の1時間目には、単元の目標を達成するために何ができるようになればよいかを児童に考えさせ、それらを1時間ごとの目標につなげました。また、他教科と関連をもたせたことでより知識が深まり、意欲の高まりとともに自信をもってコミュニケーションを図る姿につながりました。                                 
2 ALTとの対話を想定したインタラクションを取り入れた授業づくり     
 対話場面では、会話の型に自分の気持ちや挨拶、相づち、質問の仕方などの表現方法を入れながら繰り返し練習を重ねたことで、会話を続けたり会話を楽しめたりして達成感を得る児童が増えました。振り返りカードに単元の目標を段階的に示したことは、単元のゴールへの意欲の高まりの持続と見通しをもって取り組むことにつながっていました。また、コミュニケーションの視点を示したり仲間の頑張りを評価させたりしたことにより、次時への意欲付けができました。教師と児童間でのインタラクションを丁寧に行うことが、児童同士が自信をもって対話をする力につながることが分かりました。

TAGS ;  平成30年度    外国語    国際理解教育    新潟    小学校



「教科等研究セミナー」
場面や状況に応じて慣れ親しんだ表現をやり取りに用いることができる児童の育成
~場面や状況設定を工夫したインタビュー活動を通して~
五泉市立五泉小学校
加藤 大祐

 1 主題設定について
 私のこれまでの外国語活動の授業を振り返ると、その単元で扱う表現ややり取りだけを指導していることが多かったです。そのため、児童は外国語活動を楽しんでいるものの既習表現を忘れてしまったり、活用できなかったりするという実態がありました。そこで、「①英語表現を用いる目的を明確にした単元構成」と「②既習表現を用いる場面や状況設定を工夫したインタビュー活動」をすることを通して、場面や状況に応じて慣れ親しんだ表現をやり取りに用いることができる児童の育成を目指しました。
2 手だての有効性の検証
(1)研究1年次 「ALTに学校の先生を紹介しよう」(特設単元)
 ①ALTから「学校の先生を紹介してほしい」という依頼を受け、目的達成のために学校の先生に英語でインタビューをして情報を集めたり、ALTに伝えたりする単元を構成しました。
 ②先生を紹介するために必要な情報を集めるためにインタビューを行うという状況を設定しました。
→○単元を通してlikeやcanなどの既習表現を振り返り、インタビューや発表に用いる姿が見られました。
  △日本人の先生に英語でインタビューするという違和感がありました。
(2)研究2年次 「相手がほしいと思う外国のお土産をプレゼントしよう」(Hi,friends!1 What do you want?)
 ①「英語ができるようになったらしたいこと」アンケートの結果と関連付け、それが「できるようになるために」という目的意識をもって取り組める単元を構成しました。
 ②「事前に友達の好みをインタビューして、旅行先(外国)でそれに合ったお土産を買ってくる」という状況を設定しました。
→○アンケート結果と関連付けた単元構成をすることで、日本人同士でも英語でやり取りをする必然性が生まれました。「友達の好みに合ったお土産を選びたい」という目的意識をもち、新出表現や既習表現を用いてやり取りする姿が見られました。
  △一単元だけで行うのではなく、継続して、様々な場面で既習表現を用いる必要があります。
3 成果と課題
 単元を進めるにつれてアンケート項目「英語を話す自信が付いた」に対する児童の肯定的評価が高くなっていきました。また、日頃の児童の姿からも、場面や状況に応じて慣れ親しんだ表現をやり取りに用いることができる児童の育成に迫ることができたと考えます。今後は児童が慣れ親しんだ表現を様々な場面や状況で用いることができるように、年間の学習を俯瞰して単元を計画していく必要があります。

TAGS ;  平成30年度    外国語    全県    小学校   



「サークル活動」
下越英語研究サークル
新発田市立第一中学校
杉﨑 勝彦

  私たちは、外国語活動に興味・関心のある教員を中心に活動しているサークルです。活動の内容としては、テーマに基づいた実践を持ち寄り、有効な手だてや問題点について話し合ったり、授業構想シートを用いた授業改善の研修、また、講師を招いての講演会などを行っています。ベテランから若手の会員のネットワークもできます。
 今年度も「小中の連携」をキーワードに活動を進めていこうと考えています。小学校での外国語科・外国語活動の実施を受け、更なる小・中の連携と活動の充実が必要であると考え、小学校の教員にも声をかけています。外国語活動に興味・関心のある教員から参加していただけるように計画を進めています。今後も英語教育の動向に注目しながら研修を深めていきます。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    外国語    下越    小学校 中学校



「サークル活動」
中越英語教育研究会
長岡市立南中学校
佐藤 正秀

  当サークルは、中越地区内の各サークル(「小千谷・十日町・南魚英語を語る会」「三南英語教育を語る会」)と連携し、中越地区全体で組織を作って活動しています。中越地区のサークルが合同で研修することにより、ベテランから若手の会員のネットワークができ、日常的な資料の共有や情報交換を行っています。
 研修会は、会員が実践したコミュニケーション活動を模擬授業で紹介したり、テーマに基づいてグループ協議を行ったりと、様々な形態で行っています。会員の多くは中学校の英語科教員ですが、各地区の小学校の先生方にも声をかけ、小中の枠を越えた活動を目指しています。
 また、数年前から、会員外の方にも声をかけて研修会を行っています。会員外の方から参加してもらうことで、研修会がより活気に満ちたものになっています。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    外国語    中越    中学校 小学校



「サークル活動」
長岡英語活動研究会
新潟大学教育学部附属長岡小学校
清野 諒

  当サークルは、外国語科、外国語活動の授業力向上を目指して発足したサークルです。
 学習指導要領(平成29年3月公示)において、中学年に外国語活動が、高学年に外国語科が導入されました。それらの授業の在り方を、各会員の実践や指導案検討等を通して学んでいます。単元の構成、教材、指導技術、評価の在り方等、幅広く研修を行い、会員の指導力の向上に努めています。今年度のテーマは、「外国語教育における主体的・対話的で深い学び」です。外国語を用いて他者と円滑にコミュニケーションを図る素地をつくり、英語力を高めるために、「自ら学ぶ力」「他と関わる力」「ことばを使う力」を育む授業を目指します。会員同士が相互に研鑚・練磨し合い、互いに専門性を高めることができるように研修を進めています。

TAGS ;  平成30年度    サークル活動    外国語    国際理解教育    中越 小学校



 


キーワード検索

カテゴリー別検索
 

ときわ会新潟 秋~秋山郷より 中魚十日町
ときわ会新潟 景勝
ときわ会新潟 瓦ロード 阿賀野
ときわ会新潟 前島記念館
ときわ会新潟 阿賀野川と羽越本線鉄橋 阿賀野
ときわ会新潟 たんねのあかり 刈羽柏崎
ときわ会新潟 加茂山公園 加茂
ときわ会新潟 白山神社
 

 
当サイトのすべてのコンテンツの無断転載・引用を禁じます。
教育研修団体ときわ会が作成しているサイトは当サイトだけです。